クチャクチャ食べる人(クチャラー)に注意する方法5選

Pocket

嫌がられる食事マナーに必ずランクインする、食べ物をくちゃくちゃ食べる行為。いわゆるクチャラー。

口の中の食べ物が見える状況で喋り出したらもう最悪。

二度と一緒にご飯を食べに行きたくない!と感じる人は多いのではないでしょうか。

私は飲食店でクチャラーがいると、不快で席を移動させてもらうか、その人のご飯が終わるのを待ってから自分の食事に口をつけるほど嫌いです。

クチャラーが撲滅してほしい気持ちでこの記事を書きました。

ストレートに教えてあげる

実はクチャラーの中に無自覚の人がいます。

自分が食事中にくちゃくちゃと音を出していることに気がついていないのです。

私はストレートに教えてあげます。

「くちゃくちゃ音が聞こえるよ」

「口の中の食べ物が見えてるよ」

「食べながら喋らないで」

気がついていない人には教えてあげましょう。

相手の体調を心配する

噛み合わせが悪い、鼻が詰まっているなど身体的理由で、口を閉じれずにものを食べる人もいます。

言いにくい人には

鼻詰まってるの大丈夫?口開けながら食べてるから体調悪いのかと思って

と心配しているように、口を開けながら食べている事を教えてあげましょう。

本当に病気の場合もあるので、場合によっては病院を進めてあげても良いかもしれません。

動画で撮影する

どれだけ自分がクチャクチャ食べているか、自覚症状がない人には、動画で撮影して食事後に見せることを勧めします!

「口の中の食べ物見えてるよ!汚いー!」

「くちゃくちゃ音しないほうがスマートに見えるよ!」

と冗談っぽく注意してあげると相手も恥ずかしい気持ちになってくれるはず!

クチャラーが嫌われている話をする

ドン引き”“イラッとくる食事マナーについて!+あるある

【決定版】デート中にドン引きされる食事マナー10

自覚症状があっても治してくれない場合、根気強く注意するしかありません。

どれだけクチャラーが嫌われているか、食事中のマナーNGなどを見せてあげましょう。

社会的にも男女間でも嫌われていることを心配して教えてあげるといいですね。

メリットを感じさせる

相手が大切な人であるならば、相手にとってのメリットを提示しましょう!

「治してくれれば、〇〇してあげる」

「何か私に治してもらいたことある?」

など相手にもメリットを感じさせましょう。

まとめ

数十年間のクセは中々治りにくいものです。

根気強く注意してあげ、治った時にはちゃんと褒めてあげましょう!